2023 年 12 月 1 日

リッパーの投信データに見る つみたて NISA 対象ファンドの最新動向 (2023 年 9 月版)

米国株の成長性へ期待が集まり、好業績のファンドが登場

リフィニティブ編集チーム

I. SUMMERY

  • つみたてNISA対象のインデックス・ファンドが大幅増: インデックス・ファンドについては、つみたてNISA対象ファンドが 4 カ月で 26 ファンド増えて 209 ファンドへ
  • 地域分散投資でリスク軽減も、米国株の成長性に投資家の期待が集まる: グローバル、米国、日本に分散投資するつみたてNISA対象ファンドが多いが、米国株に投資するファンドへの流入額が高まりつつある
  • iFree NEXT NASDAQ100 インデックスの好成績が光る: 5 年の騰落率トップ 30 に「iFree NEXT NASDAQ100インデックス」がランクイン。コロナショックを乗り越えたファンドとして注目したい

先日発表された「つみたて NISA および新 NISA 成長投資枠対象商品のリッパー・レーティング」(2023 年 9 月版) 。その内容を 6 月に発表したレーティングと比較し、つみたて NISA 対象ファンドの特長と投資傾向をまとめました。

 

II. つみたて NISA 対象のインデックス・ファンドが大幅増

2023 年 9 月に発表されたリッパー・レーティングによれば、つみたて NISA 対象のインデックス・ファンドは 6 月の 183 ファンドから 209 ファンドへと大幅に増加しました。アクティブ・ファンドについては、3 ファンド増えて 37 ファンドと微増。今後、金融庁が定めた基準をクリアし、長期分散投資に適した適格ファンドは着々と増えていくでしょう。

 

III. 地域分散投資でリスク軽減も、米国株の成長性に投資家の期待が集まる

つみたて NISA 対象ファンドの投資先は、グローバル、日本、次いで米国の順となっています。全世界に幅広く投資をすることで地域分散投資を行い、リスク軽減をはかるファンドが多いことが読み取れます。

投資対象地域 個数/投資対象地域
グローバル 156
日本 52
米国 29
グローバル新興市場 14
ヨーロッパ 1
インド 1
グローバル (米国を除く) 1
統計 254

23 年 8~10 月における国内の投資信託流入額を見てみると、トップ 30 に以下の 8 つのつみたて NISA 対象ファンドが含まれていました。その顔触れは 6 月の調査データと全く変わりません。

  • MUAM eMAXIS Slim米国株S&P500 
  • MUAM eMAXIS Slim世界株 (AC) 
  • SBI V・S&P500インデックス
  • 楽天 全米株式インデックス
  • MUAM eMAXIS Slim全世界株ExJP 
  • AM-One たわらノーロード先進国株 
  • 楽天 全世界株式インデックス
  • MUAM eMAXIS Slim先進国株IDX

これらのファンドは、いずれもグローバル及び米国に投資するファンドばかりです。日本へ投資するつみたて NISA 対象ファンドは、第2位の数に上りますが、最近では米国株の成長性に注目が集まっており、米国を投資先に選ぶ投資家が増えていることが伺えます。

また純資産総額トップ30を見てみると、つみたて NISA 対象ファンドが 10 ファンドランクイン。23 年 6 月の7ファンドから 3 ファンド増加しています。実に、純資産総額トップ 30 のうち 3 分の 1 がつみたて NISA 対象ファンドという結果となりました。つみたて NISA 対象ファンドは純資産総額が多いという特性を活かし、十分な分散投資と規模のメリットによる経費率を抑える運用がこれからも期待できるでしょう。

 

IV. iFree NEXT NASDAQ100インデックスの好成績が光る

もう少し具体的に、各つみたて NISA 対象ファンドの特長や成績について見てみましょう。つみたて NISA 対象ファンドのうち、インデックス、アクティブ、ETF (上場投資信託) の 1 年/ 3 年/ 5 年の騰落率を見てみると、唯一「iFree NEXT NASDAQ100インデックス」だけが 5 年の騰落率トップ 30 に入っていることがわかりました。

同ファンドは 2020 年のコロナショックによる株式市場の下落にも動じず、好成績を上げているファンドとして注目すべきでしょう。

もちろん、つみたて NISA 対象ファンドにおいては、パフォーマンスや短期的な騰落率が重視されているわけではありません。今後も、長期投資による複利効果を狙って資産形成を目指すファンドが多い傾向に変わりはないでしょう。

2023年9月時点

つみたて NISA および新 NISA 成長投資枠対象商品のリッパー・レーティング

合わせてよく読まれている記事

免責事項:© Refinitiv 2023
本文および本文の内容(以下、「本内容」)は、あくまでも一般的な情報提供を目的としたもので、筆者の本主題に係る過去の経験に基づくものであります。記載された内容はRefinitivの見解を反映するものではありません。なお、無断での複製、転送等を行わないようにお願いします。

本内容は、如何なる法域又は領域においても、投資助言(及びその他の如何なる助言)を提供するものではなく、また金融商品の売買の申し込み又はその勧誘とみなされるべきではありません。記載された意見や予測等は作成時点のものであり、Refinitivは、本内容に含まれる情報の正確性、最新性、適切性及び完全性、また本内容の利用結果について如何なる保証も行わず、本内容に起因して生じた損失や損害について一切責任を負いません。Refinitivは予告なくいつでも本内容を変更、削除する権利を留保します。