2024 年 1 月 10 日

業務の未来を切り拓く: 相互運用可能で最適化されたワークフロー

本稿は英国現地時間 2023 年 12 月 12 日に投稿された“Unlocking the future of work: interoperable and optimised workflows” の邦訳です。

Nej D’Jelal
Group Head of Workspace Platform, LSEG

  • 利用可能な情報が飛躍的に増大するにつれて、金融サービスの専門家がシグナルとノイズを区別することはかつてないほど困難になっています。
  • データ量の増加とデータのサイロ化により、高度なスキルを持つ高収入のトレーダーは、付加価値の高い業務を行うのではなく、情報フローの管理に多くの時間を費やすリスクを冒しています。
  • 金融サービスの意思決定の未来には、互換性のない情報ソースの孤立ではなく、管理可能な統合された情報フローが必要です。

プロの証券トレーダーにとって、入手可能な情報がほぼ指数関数的に増加しているように見え、市場を動かす世界的な経済イベント、ニュース、市場の動向を常に把握し続けることはますます難しくなっています。 地政学的な出来事を評価し、取引を実行し、迅速な意思決定を下しながら、クライアントに適したリスクをすべて効果的に管理する必要があります。

特に情報がサイロ化されている場合、入手可能な情報の量が、解決策の一部ではなく、問題の一部であると感じられるようになるのは、あっという間です。 非常に多くのトレーダーが 複数のモニターを操作し、それぞれに複雑なデータを表示しているのも不思議ではありません。

これらのトレーダーに複数のチャネルやプラットフォームにわたる情報を提供すると、問題が悪化する可能性があります。 たとえば、ポートフォリオ・マネージャーは、絶え間なく変動する市場で資産のパフォーマンスを監視し、投資戦略を再評価しながら、大量のリアルタイム・データと分析を精査する必要があります。 時間を効率的に活用して最も重要な業務に集中し、要求の厳しい顧客に対して適切な投資決定を下すにはどうすればよいでしょうか?

 

断片化された旅をナビゲートする

目まぐるしく変化する破壊的な世界では、適切なツール、データ、インサイトをすぐに手に入れることで、効果的に作業し、混乱を最小限に抑え、顧客にサービスを提供することができるようになります。

私たちは、市場参加者が長期にわたり、サイロ化されたデータや情報、断片化されたエクスペリエンス、時間とリソースに影響を与える異種のワークフローやシステムに取り組む金融市場全体の課題を目の当たりにし続けています。 これらの要因は、実行の遅れ、機会の損失、有能で勤勉なチームが圧倒されていると感じることにつながる可能性があります。

ここで、さまざまなコンテンツ・ソースやプラットフォーム間をスムーズに移動し、一方のアプリケーションが他方と通信し、データが一方から他方に流れ、一つのツールが一つのエクスペリエンスでコミュニティとのコラボレーションをサポートする方法がある未来を想像してみてください。つまり、ばらばらのユーザージャーニーを変革し、相互運用可能にする完全な調和の状態です。

LSEG では、顧客を中心に据えることで未来を再考し、チャネルやデバイスへのスムーズなアクセス、生成 AI とオープンコミュニティを活用した直感的な予測発見という超強力な機能を確実に手に入れることができます。

 

LSEGとMicrosoftとのパートナーシップにより実現した、高度なユーザー エクスペリエンス

より多くの選択肢や利便性、イノベーションが求められる今日、優れたユーザー・エクスペリエンスが基本要件になっています。

Microsoft との戦略的パートナーシップを通じて、LSEG の包括的な金融市場データおよび分析を Microsoft のグローバルなクラウドベースのインフラストラクチャおよび AI 機能と組み合わせて、以下を提供します。

  • LSEG Workspace、Microsoft Teams、および 365 アプリケーション間の相互運用可能なワークフロー
  • 生成AI を活用したツールの使用によるユーザー・エクスペリエンスの強化
  • 金融サービス・コミュニティのためのコラボレーション・ツール

 

業務のための統合ワークフロー

LSEG と Microsoft のインターフェイスの両方を使用して統合ワークフロー・エコシステムを構築することで、ユーザー・エクスペリエンスがどのように進化するのかを示す最新のビデオをご覧ください。Microsoft 365 Copilot を介した LSEG Workspace データへのアクセスは、シンプルな言語プロンプトを通じて、直感的な検出、データの視覚化、パーソナライズされたデータと分析情報の共有を容易にする方法の一例にすぎません。

 

 

本稿は英国現地時間 2023 年 12 月 12 日に投稿された "Unlocking the future of work: interoperable and optimised workflows" の邦訳です。

合わせてよく読まれている記事

免責事項:© Refinitiv 2024
本文および本文の内容(以下、「本内容」)は、あくまでも一般的な情報提供を目的としたもので、筆者の本主題に係る過去の経験に基づくものであります。記載された内容はRefinitivの見解を反映するものではありません。なお、無断での複製、転送等を行わないようにお願いします。

本内容は、如何なる法域又は領域においても、投資助言(及びその他の如何なる助言)を提供するものではなく、また金融商品の売買の申し込み又はその勧誘とみなされるべきではありません。記載された意見や予測等は作成時点のものであり、Refinitivは、本内容に含まれる情報の正確性、最新性、適切性及び完全性、また本内容の利用結果について如何なる保証も行わず、本内容に起因して生じた損失や損害について一切責任を負いません。Refinitivは予告なくいつでも本内容を変更、削除する権利を留保します。