1. ホーム
  2. 金融データ
  3. マーケット・データ
  4. リアルタイム・データ

リアルタイム・データ・フィード

リアルタイム・データ

必要な時に、いつでも、どこでも、質の高い情報にアクセスできます。ロー・レイテンシーのフィードを統合したリフィニティブのリアルタイム・データは、大量かつ詳細、種類も豊富な、市場に関するあらゆるティック・データを配信します。 

リフィニティブのリアルタイム・データ が選ばれる理由

情報の質が高まるほど、より賢明な判断が下せるようになります。完全なティック・データと詳細な市場データを誇るリフィニティブのリアルタイム・データは、500 を超える取引所および何千もの OTC 市場に及ぶ 8,000 万を超える商品を含む、グローバルなカバレッジをトレーダーや市場データ責任者に提供します。FX、クレジット、金利、ワラントなどの市場での取引に不可欠なコンテンツに独占的にアクセスできます。

さらに、標準化されたフォーマットは、フロントからミドル、バックオフィスのシステムに至るまで、リアルタイム・データ、リファレンス・データ、ティック・ヒストリー・データを簡単に統合します。

コストを最小限に抑えるため、リフィニティブのリアルタイム・データは、あらゆる配信オプションとユーザーとの接続オプションを用意しています。

内容と特長

リアルタイム・データのメリット

より詳細で幅広いマーケット・データ

詳細な市場データ、および新たな独占市場へのアクセスにより、取引や投資におけるより適切な意思決定を導きます。

迅速で効率的な配信

効率的でロー・レイテンシーの最適化オプションとクラウド配信オプションにより、ワークフローを効率化できます。

総所有コスト (TCO) の削減

統合されたデータ・サービス、接続性、サービス配信オプションにより、コストを最小限に抑えます。

発見可能なデータ

データとコードの標準化により、必要なコンテンツを必要な時にすばやく見つけることができます。

容易な統合

一貫性のあるフィールド ID により、コンテンツをお使いのワークフロー・アプリケーションと容易に統合できます。古いモデルとも完全な後方互換性があります。

MiFID II 遵守

当社のツールと業界トップのリファレンス・データにより、MiFID II の高頻度取引特有の取引報告要件の遵守を支援します。

活用方法

リアルタイム・データ・フィードの活用方法

複数の配信オプション

リフィニティブのデータ・フィードは、お使いのワークフロー・アプリケーションと容易に統合でき、コンテンツの配信方法をお選びいただけます。また、データセンターまでの当社が管理する接続を利用するか、専用回線を利用するかもお選びいただけます。