1. ホーム
  2. ガバナンス・リスク&コンプライアンス・ソリューション
ビルの夜景

企業が抱えるコンプライアンス・リスク

リフィニティブは、広範なデータ・カバレッジとグローバルな情報網により、お客様が抱えるコンプライアンス・リスクの顕在化をサポートします

取引先のスクリーニングを実施していますか?

取引先の資本関係の複雑化、UBO (最終受益者) の変化にいち早く気付くために

米中貿易摩擦などに端を発する世界情勢の不安定化が、経済にも大きな影響を及ぼしています。今日、調達先や卸先、輸送業者の再考、輸送路や中継地での積荷管理など、SCMの見直しを迫られる事態は少なくありません。他方、複雑な資本関係によって実態を隠された企業や、時間の経過に伴いUBO (最終受益者) が特定できなくなる企業も増えています。これらによって生じるリスクを回避する有効な手段こそ、スクリーニングです。

「知らなかった」ではすまされない

あなたは第三者との取引開始、もしくは契約締結の際、相手のことをすべて把握していますか?

新たな成長を目指し、新興国や海外ベンチャー企業などとの取引を開始する日本企業が増えています。同時に、適切なリスク評価とそれに基づいた決断には、広く深い調査情報が欠かせないとの認識も広まってきました。言語の壁や照会ソース不足を補い「知っていれば回避した」という後悔の芽を潰すこと。それが、EDD (Enhanced Due Diligence) の役割です。

港のコンテナ船とコンテナ

コンプライアンス InSight 2020 夏号

新型コロナ禍で増すサプライチェーン上のリスク

~想定外の環境下で不足の損害を被らないために~