2022年12月20日号掲載・週刊金融財政事情

データから見た米国資本市場の現状と高まる邦銀の存在感    

景気後退でも米国市場の重要性は不変、中長期的な戦略が重要に

景気後退でも米国市場の重要性は不変、中長期的な戦略が重要に

大手邦銀が持続的な成長を実現するために、日本国内だけでは限界があることに異論はなく、各行とも国際展開を強化してきた。なかでも最重要市場と位置付けられているのが米国だ。
分断化が懸念される国際情勢の下で、あらためて戦略の精緻化・高度化が求められており、そうした中長期的な戦略をブレずに実行することこそが、各社に成功をもたらす。
本稿では、弊社の取り扱う最新データをもとに、その現状と今後の課題を分析する。