1. ホーム
  2. 製品
  3. Connected Risk

次世代のガバナンス、リスク、コンプライアンス・ソフトウェア

Connected Risk

多様なソースから得た社内外の情報を結びつけ、重要なリスクの全体像を把握することで、戦略的な意思決定に役立てることができます。

リスクを結びつけて把握することで迅速性が向上 

受賞歴を誇る、ガバナンス、リスク、コンプライアンス・ソフトウェア・プラットフォーム Connected Risk (コネクテッド・リスク) により、リスクを全社的に把握できます。

柔軟性の高い一連のソリューションにより、引き続き利用したい従来システムと容易に統合可能です。サードパーティ・ソースから引き出した情報を集約して、リスクの全体像を把握。ニーズに合わせて簡単にカスタマイズできるダッシュボード上で、タグ、ストラクチャ、チャート、共通タクソノミーのシステムを用いて迅速なデータ処理が可能です。

Connected Risk を利用して、当社の 5 つのソリューション、Risk Management、Compliance Management、Audit Management、Regulatory Change Management、Model Risk Management を自由に組み合わせることで、好きな形でリスクを把握することができます。

市販のソリューションを既存のプロセスやレポート基準に統合する場合の制限を気にする必要がなく、柔軟なリスク管理アプローチにより、リスクの全体像を把握して、より優れた戦略的意思決定を促すことができます。

内容と特長

Connected Risk のメリット

リスク・プロセスの統一的な把握

ワークフローをカスタマイズし、モニタリング機能を自動化することで、リスク評価プロセスの一貫した適用を促します。

効果的なワークフローの相互作用

アラート管理機能では、インタラクティブで詳細なチャート、最新情報、レビュー、承認を設定可能な画面に表示できます。

従来のソリューションのデータを効率化

単一の基準点により統合または置換を行い、さまざまなデータ・ソースをユーザーが定義した共通基準にマッピングできます。

柔軟なデータ・モデル

高度なマッピングを情報ソースに適用し、フォーマットもタクソノミーも異なるデータ・セットをまとめることができます。

特定ニーズに合わせてカスタマイズ可能

既存のプロセスやニーズに沿った独自のソリューション・セットを構築できるツールキットで、投資費用や運営費用を大幅に削減できます。

製品画面

Connected Risk の機能

リスク・マネージャー向けの機能

企業全体の多様なリスク・ソースをすばやく特定、把握、管理するために必要なツールを提供します。インシデントを特定から解決まで管理し、複数の影響や、関連する課題と措置を記録できます。シンプルでありながらパワフルなモデル・ガバナンス・アプローチにより、モデル・インベントリに絶えず最新情報や追加情報を記録し、変更を確実に管理。補足文書や課題の解決、承認を裏付ける監査証跡を残すことができます。

Enterprise risk management screen on the Connected Risk platform

企業全体の多様なリスク・ソースを特定、把握し、そのリスクを管理、軽減するツール

Compliance Management screen on the Connected Risk platform

規制およびコンプライアンス・プログラムを効率化し、リスクに関するより詳細な理解をサポート

コンプライアンス責任者向けの機能

組織全体のコンプライアンス・リスクを特定、測定、報告する、効率的なコンプライアンス・フレークワークを確立できます。すべてのコンプライアンス要素を、統一された単一のソリューションに統合し、プロセスを簡素化し、マニュアル作業の労力を削減します。作業成果物にアクセスしやすくなり、その信頼性も向上します。コンテンツの構築とギャップの特定を支援する業界のフレームワークを適用し、レポート作成と情報開示について客観的に把握できます。

 

監査専門家向けの機能

堅牢な監査ライフサイクルの管理ソリューションで必要な機能を備え、共有する情報と分析により、リスクおよびコンプライアンス・チームと容易に連携できます。戦略的方向性の変化および新たな方向性がもたらす潜在的リスクを迅速に特定でき、少ない費用と負担で規制遵守を保証します。

Audit Management screen on Connected Risk platform

電子調査書を複数の監査ファイル要素とリンクさせ、監査業務をさらに構造化

Screen showing integrated risk management as part of the Connected Risk Platform.

多様なデータ・ソースを、ユーザーが定義できる共通基準にマッピングし、新たなインサイトを取得

ライン・マネージャーおよびビジネス・リーダー向けの機能

クライアントが定義する階層とタクソノミーを利用して、リスクを集約、報告します。社内情報とサードパーティの情報を統合して 1 つに集約し、リスクの全体像を把握できます。タグ、ストラクチャ、チャート、共通タクソノミーのシステムを用いて迅速にデータを処理し、それを特定のユース・ケースや全社レベルで表示できます。こうしたカスタマイズ可能なアプローチにより、即座に使えるサービスを利用した場合に必要となる、導入時または本番稼働後の外部サポートを削減できます。