1. ホーム
  2. 製品
  3. Connected Risk
  4. Audit Management

俊敏な監査管理ソリューション

Audit Management

Audit Management screen on Connected Risk platform

電子調査書を複数の監査ファイル要素とリンクさせ、監査業務をさらに構造化

変化を味方につけ、ビジネスの複雑性を乗り越え、十分な情報に基づいた戦略的な意思決定を可能にする、信頼できるアドバイザーとして機能します。

Audit Management が選ばれる理由

当社は 20 年以上にわたり監査管理にイノベーションをもたらし、お客様の変化するビジネス環境にあわせてテクノロジーと手法を進化させてきました。Connected Risk プラットフォーム上のソリューションである Audit Management (オーディット・マネジメント) は、市場トップの監査管理ツールを提供してきた当社の歴史と経験を基盤とし、絶えず変化するビジネス環境で必要とされている適応性と柔軟性を提供します。

内部監査のレビュー時に複数のリスク・データ・ソースを活用して、より詳細なビジネス・インサイトを確立できます。適切な質問を通して監査結果についてコンセンサスが得られるよう促します。

  • フロント・オフィスおよびバック・オフィスのシステム、サードパーティ・ソースから得たデータや情報を統合して、リスク・レベルを監視。これにより、俊敏な監査手法を実現し、監査計画の作成を支援できます。
  • ビジネス・データを主要監査プロセスやタスクと統合し、監査効率と利用者の満足度を向上させます。
  • データの準備と外部監査との連携を効率化し、規制要件に対する迅速かつ円滑な対応を支援します。

内容と特長

Audit Management のメリット 

迅速な監査計画の作成

完全な監査証跡を含むバージョン管理を実現。独立レビューの要求に対応しながら、明白なエビデンスも維持できます。

従来のプラットフォームの利用

従来のさまざまなテクノロジーを活用して、アプトプットを統合し、確実かつ体系的にリスクの全体像を把握できます。

リスク・データの価値の最大化

関連性のあるリスク・データ・プールを活用して情報やデータの変換を行い、統合とレポート作成に関する共通の基準を提供します。

効率的な監査実施

電子調査書を複数の監査ファイルや監査結果とリンクさせ、テスト計画では複数の統制、関連リスク、プロセスを網羅します。

柔軟なリスク評価機能

リスク評価手法の定義に対する柔軟性の高いアプローチを提供。独自の高度なデータ・モデリング、マッピング、ワークフロー・デベロッパーが利用可能です。

インタラクティブなレポート作成

シンプルなドラッグ・アンド・ドロップ機能でレポートをカスタマイズでき、フィルタリングや並べ替えもできます。

活用方法

Audit Management の機能

監査管理のコネクティッド・アプローチ

Connected Risk の高度なデータ・マッピング機能により、監査固有の分類やレポート構成を維持しながら、共通のレポート・レイヤーやデータ標準にアウトプットを取り込むことができます。

第 1 および第 2 の防御ラインから得たデータを活用した柔軟なリスク評価指標を提供します。監査責任者の直感的判断も柔軟に反映でき、監査サイクル途中での方針変更を適用でき、戦略変更に対して俊敏に敏感に対応できます。

効率的なレポート作成

Connected Risk プラットフォーム上の Audit Management では共同作業が容易な電子監査調書が提供され、監査チームの業務の枠組みを維持しながら、新たなリスクやビジネス動向など、日常プロセスで対応できない動きがあった場合に、創造的なアイデアを自由に盛り込むことができます。

すべての監査業務がオープンなプラットフォーム上で行われ、万全のセキュリティの下で監査結果を配信し、透明性と組織内の連携を維持できます。