1. ホーム
  2. 製品
  3. Connected Risk
  4. Risk Management

リスク管理の強化とリスク軽減

Risk Management

Enterprise risk management screen on the Connected Risk platform

企業全体の多様なリスク・ソースを特定、把握し、そのリスクを管理、軽減するツール

意思決定を支える信頼性の高いデータにより、潜在的リスクをすばやく見極めて対処し、ビジネス・チャンスと脅威に対応できます。

Risk Management が選ばれる理由

新たなリスクへの認識を高める Risk Management (リスク・マネジメント) は、Connected Risk プラットフォーム上のソリューションです。組織の手法とプロセスに合わせた柔軟な評価エンジンを利用して、全体的なリスク・ポジションに対する包括的で調和のとれた見通しを提供します。

企業全体の多様なリスク・ソースをすばやく特定、把握、管理するために必要なツールを利用できます。データ分析を利用してリスクと統制を評価し、多様なデータ・ソースを、あらゆる関連情報を含む適応可能なデータ・モデルに統合。これによりビジネス要件に合ったリスク軽減戦略を実現することができます。

複数のリスク・プロファイルの完全な履歴を追跡しながら、最新のデータ・ソースと既存の信頼できるソリューションを活用して、リスクの全体像を把握できます。

内容と特長

Risk Management のメリット

統合されたリスク・スコア

レポート、チャート、ヒートマップによる動的なビューで、許容範囲を逸脱する恐れのあるイベントにすばやく対応できます。

リスクのレポートと分析のカスタマイズ

統合されたレポート作成エンジンとマッピング機能を利用したリスク・プロファイルの全履歴を提供します。

指標とインシデントの管理

リスク指標とインシデントに対し、把握から解決まで対応するアクション・プラン。インシデントの全プロセスにわたるレポートを作成できます。

既存のデータとソリューションの活用

既存のツールやスプレッドシートを統合してギャップを補い、信頼性の向上、プロセスの自動化、モニタリング強化を実現します。

柔軟なタクソノミーをサポート

共通のタクソノミーがなくても、複数のタクソノミーと相互関係をリンクし、リスクの全体像を把握できます。

ニーズに対応

リスク・ソリューションはプラットフォーム上でカスタマイズ可能。すぐに利用を開始できる設定ツールを備え、ニーズに合わせて改良できます。

活用方法

Risk Management の機能

リスク選好とレポートの管理

データ構造内のあらゆるポイントでリスク選好を特定し追跡することができます。これにより、リスク・プロファイルを動的に把握し、複数の部門やプロセスごとに異なるリスク感度を確認できます。

リスク許容範囲の逸脱は、アラート関連付け機能でレポート可能。照合されたリスク情報はすべて、搭載されたレポート作成エンジンによって明示され、レポート、チャート、ヒートマップを構成できます。パワフルなデータ・マッピングと組み合わせることで、各企業の手法や文化に合わせてカスタマイズしたリスク管理ソリューションを構築できます。

柔軟なデータ・モデルの活用

多様なシステムやデータ・ソースから得たプロセス、情報、エコシステムを結び付けることで、リスク・プロセスを合理化し、重複作業を削減できます。多様なリスク・ソースを組み入れることで、相互連携と、3 つの防御ラインを実現。リスクに関するすべての判断に所定の戦略が確実に反映されるようにします。

さまざまなリスク・タイプを有意に統合し、全体的なリスク・スコアを導き出します。チームは複数の影響、関連する問題と措置を記録し、インシデントを追跡、進行中の評価手法に情報を提供することができます。

独自のタクソノミーを利用することも可能です。双方向フィードによりfor既存システムから抽出された関連情報が提供され、包括的なリスク状況把握のためにフィードバックされます。