1. ホーム
  2. 製品
  3. Connected Risk
  4. Model Risk Management

継続的なモデル・リスクのガバナンスとモニタリング

Model Risk Management

Model Risk Management screen on the Connected Risk Platform

課題管理の自動化、明確な監査証跡の取得、エビデンスのアーカイブに対応し、重複作業をなくします

堅牢なガバナンス・フレームワークによる効果的なワークフロー管理で、モデル・インベントリを構築および管理します。

Model Risk Management が選ばれる理由

Connected Risk プラットフォーム上のソリューションである Model Risk Management (モデル・リスク・マネジメント) では、ワークフロー・プロセスを全社的アプローチで管理できます。ユーザーの組織に合わせて、堅牢で効率化されたワークフローを提供し、進行中のモニタリング機能と継続的なモデル・リスク・ガバナンスのエビデンスを提供できます。

段階的なアジャイル・アプローチにより、系統的な導入が可能です。これにより、リスクを軽減、必要な段階で主な利害関係者と連携して、組織のガバナス要件と整合性をとることができます。

リスク管理プロセスに変更が必要になった場合は、それに合わせてさかのぼって簡単に設定を調整できます。

内容と特長

Model Risk Management のメリット

コンプライアンス違反リスクの軽減

適切な利害関係者に期限や措置について周知し、モデルに影響を及ぼす変更に対する迅速な対応を促します。

包括的アプローチ

単一のインベントリ・ストアを利用してさまざまなリスク・テーマにまたがるモデルを追跡し、冗長性や重複が生じる可能性を明らかにします。

完全な文書アクセス管理

アクセス管理、バージョン履歴、簡単な検索機能を備えた多層セキュリティ・モデルです。

柔軟なデータ・マッピング

強化されたドラッグ・アンド・ドロップ機能とパワフルなデータ・マッピング機能により、追加の分類の作成や、近接するリスク分野へのリンク構築が可能です。

活用方法

Model Risk Management の機能

あらゆる段階で文書のアップロードが可能

ポリシー文書や規制リファレンスをアップロードし、関連モデルにマッピングできます。他の文書管理システムとの統合も可能で、コメント、委員会議事録、承認を追加し、このプロセスで生じた修正を記録できます。システムに既に存在するファイルをアップロードしようとすると警告を表示し、重複してアップロードせずに既存ファイルにリンクさせるよう促して、文書リファレンスのベスト・プラクティスを促進します。

エンドツーエンドのガバナンス・ワークフロー

シンプルでありながらパワフルなワークフローにより、データや文書、新たな課題を即座に取得できます。期限が近いものや期限を過ぎた業務については、タイムリーにアラートを送信し、関連する活動情報と最新ページへのリンクをメールで通知します。運用統計を利用して潜在的障害を発見できる他、一定期間ごとにモデルを評価する定期的な自動検証サイクルも利用できます。

問題を特定し解決までを追跡

問題を特定し、ほぼリアルタイムで問題の原因を把握できます。シンプルな解決方法および承認ワークフローで、課題を管理。進捗と担当者を追跡し、電子メール・アラートを関連付けて予定期日をモニタリングできます。