1. ホーム
  2. 製品
  3. Connected Risk
  4. ​​Regulatory Change Management​

規制対応と影響評価ワークフローの管理

Regulatory Change Management

Regulatory Change Management screen on Connected Risk platform

進化した手法で、組織構造を関連リスク、統制、ポリシーにマッピング

強化されたコンテンツ統合機能とマッピング機能で、関連規制の動向を見逃すことがなくなります。

Regulatory Change Management が選ばれる理由

効率的な方法で、サードパーティ・フィードを統合し、影響評価を実施、組織構造と関連ポリシーをルールにマッピングできる、柔軟性の高い受賞歴を誇るソリューションです。

Connected Risk プラットフォーム上のソリューションである Regulatory Change Management (レギュラトリー・チェンジ・マネジメント) は、従来のマニュアル・ソリューションによるギャップを埋め、プロセスの自動化とモニタリングを改善し、データの統合とレポート作成に関する労力も削減できます。

規制変更管理プロセスのすべての要素を、統一された単一のソリューションにシームレスに統合することで、マニュアル作業の労力を削減。作業成果物にアクセスしやすくなり、信頼性も向上します。

規制変更が行われるたびに、適切な利害関係者に自動送信し、評価分析と行動計画作成を可能にすることで、プロセスをさらに簡素化します。コンプライアンス・プロセスを、他の保証部門が利用する既存テクノロジーと結び付けて、最適、最良のアプローチを実現します。

内容と特長

Regulatory Change Management のメリット

拡張性の高いテクノロジー

ニーズ、リスク選好、手法に合わせたアプリケーションのカスタマイズが可能。タクソノミーを完全サポートするサードパーティ・データの組み入れおよびマッピングが可能です。

マニュアル・プロセスの自動化

サードパーティおよび社内でキュレートされたソースから得たコンテンツを取り込んで、変化し新たに出現するリスク要因への明確な見通しを得られます。

明確な監査証跡

完全な監査証跡を提供する堅牢な自動バージョン管理により、専門家による独立レビューの要件に対応できます。

最適化されたユーザー・インターフェイス

役割や状況に応じた情報を提供することでユーザー・エクスペリエンスが向上。十分な情報と裏付けに基づいた意思決定を支援します。

柔軟なレポート作成

堅牢で設定可能なレポートを、アラート、ステータス・レポート、カスタマイズしたダッシュボードで提供します。

活用方法

Regulatory Change Management の詳細

規制による影響の特定と評価

影響評価を実施して、どの事業部門、統制、ポリシー、手順が、規制イベントやルール変更の影響を受けるかを判断するようコンプライアンス・チームを促します。

利害関係者には、メールやカスタマイズされたダッシュボードで関係する変更が通知されるため、監督当局のウェブサイトを手動で追跡する時間を最低限に抑え、優れた人材をより付加価値の高い業務に回すことができます。どのポリシーを見直す必要があるかを判断し、関連するポリシー変更についての最新情報を従業員に通知するために必要な措置を講じることができます。

コンプライアンス環境の変化につながる社内外の要素を自動でモニタリングします。指標が規定の基準に接近した、または超過した場合は、通知してワークフローを開始し、新たなリスクに対する全体的な可視性と反応を高めます。

関連ソースのエコシステムを構築

情報の質を改善し、透明性を高める革新的テクノロジーにより、ビジネスに影響を与えるリスクに対するより詳細なインサイトが得られます。

自動化、インサイト、意思決定を改善し、リスクおよびコンプライアンス部門で、急速に進化するデジタル・テクノロジーと分析技術を有効活用できます。

サードパーティの顧問サービス、規制当局、外部監査人とのデータ共有とプロセス統合を強化。外部検査の準備に要するサイクル・タイムを短縮できます。

他のリスクおよびコンプライアンス・プロセスを監査まで拡大して統合し、企業全体で一貫したコア・データとタクソノミーが用いられるようにします。