1. ホーム
  2. 製品
  3. Enhanced Due Diligence

Enhanced Due Diligence レポート

Enhanced Due Diligence

取引相手を正確に知る必要がある場合、Enhanced Due Diligence レポートによって、世界のどこに所在する組織や個人でも、詳細な健全性チェックと高度なバックグラウンド調査が可能です。

Enhanced Due Diligence が選ばれる理由

事業内容、企業関係、組織体制は企業ごとに異なり、厳格なデューデリジェンス調査の内容は決して同じではあり得ません。新規および既存の顧客やサードパーティを詳細に検証することで、評判を保護し、規制要件を遵守できます。また、コンプライアンス基準の健全化、十分な情報に基づく意思決定にもつながります。

当社は、倫理的で利用者に負担をかけないリサーチ手法を用い、健全性と説明責任の原則を堅持します。調査は調査対象者に気づかれることなく実施され、一方、調査活動を偽ることも決して行いません。さらに、サービスの定期監査を行う専任のリスクおよび統制チームを設け、PwC から国際基準 ISAE 3000 準拠の社外認証を受けています。

内容と特長

Enhanced Due Diligence のメリット

合法的で慎重かつ倫理的な調査

300 名を超える当社調査員は、対象に敬意を払いながら、非侵入型のデータ収集手法を利用し、一般に公開されたリスク情報のみを利用します。

信頼できる情報源

World-Check Risk Intelligence の構造化されたデータを活用し、公開・未公開を含め、多数のヒューマン・インテリジェンス・ソースからの情報を利用します。

構造化された包括的なバックグラウンド調査

多国籍企業と実質的所有者、事業や訴訟に関する過去データ、主要な経営幹部、意思決定者など、組織に関する詳細なリスクの全体像を提供します。

インハウスのリサーチ能力

コンテンツ管理やビジネス・プロセス改善のチームなど、業界最高水準のソースと調査手法を社内に有しています。

グローバルなカバレッジと現地の知識

すべての主要市場に人材を配置し、情報の信頼性が低い国であっても、現地の状況や詳細情報を細かく把握できます。

新興市場に強み

新興市場と未開拓市場のデューデリジェンス・レポート配信にいち早く進出して以来、当社はこの分野をリードしています。

活用方法

Enhanced Due Diligence の活用方法

さまざまな利用目的に対応

Enhanced Due Diligence (エンハンスド・デューデリジェンス) レポートは、マネーロンダリング対策、贈収賄防止、汚職に関する規制遵守、M&A やジョイント・ベンチャーの事前調査、さらには、サードパーティのリスク評価、オンボーディングの意思決定、受益者構造の特定にも利用可能です。

デューデリジェンス・プロセスを簡素化

構造化された透明性の高いレポート書式の正確な情報を利用して、重要なリスク課題を明確かつ簡潔に特定できます。特定のコンプライアンス要件をサポートする専門レポートなど、幅広いレポートを提供します。

ビジネスを保護

当社の詳細なレポートを活用することで、評判を守り、経済的損失や規制措置のリスクから組織を守ることができます。また、顧客、サプライヤー、サードパーティのリスクに関する知識と理解を深め、金融犯罪への関与を回避することができます。

Enhanced Due Diligence を最大限活用する

トムソン・ロイター (リフィニティブ) ほど優れたソリューションを提供できる会社は他にはないと思います。