1. ホーム
  2. 製品
  3. Knowledge Graph フィード BETA

Knowledge Graph エンタープライズ・データ・グラフ (BETA)

Knowledge Graph フィード BETA

Video overview of the Refinitiv Knowledge Graph feed
01:23

Knowledge Graph – データの隠れた関連性を明らかにする (英語)

Knowledge Graph では、事前に定義した関係に基づいて金融情報を体系化することで、以前は検出できなかった関連性を明らかにできます。

Knowledge Graph が選ばれる理由

今日の複雑なデジタル世界において、情報を整理するためにコンテンツを体系化し、業務上の実際の課題を解決するために、さまざまなデータ・タイプ間の関係を構築するニーズがこれまでになく高まっています。

このニーズに対応すべく、金融情報の関連性を整理して提示するのが Knowledge Graph (ナレッジ・グラフ) です。

非構造化データから抽出されたすべてのメタデータを表現するグラフにより、さまざまなコンテンツ・タイプについて信頼性の高い関連性を確認できます。業界標準フォーマットに準拠した Knowledge Graph フィードは、人物、金融商品、バリュー・チェーンなどの関係に基づいて、金融情報を整理して提示します。

Knowledge Graph は、インベストメント・リサーチから事業開発、営業分析、金融犯罪やリスクなど、その他さまざまなビジネス要件におけるデータ関連性の発見や調査を容易にします。

内容と特長

Knowledge Graph BETA のメリット

組織情報

世界 500 万社の、所在地、親子会社の階層、主な業務内容を網羅

人物

経歴や学歴を含む、1,470 万人の企業役員/取締役のデータ。

銘柄情報とクォート

4,300 万の株式銘柄と複数市場にわたる 1 億 1,500 万のクォート

バリュー・チェーン

ニュースや規制当局への申請書類といった証拠文書を含む、サプライヤーと顧客間の 50,000 件にのぼる契約。

メタデータ

企業タイプ (地域、業界、通貨、資産など) の分類と説明。

案件データ

参加者と金額を含む、100 万件の M&A と 250,000 件のプライベート・エクイティ取引。

活用方法

Knowledge Graph の詳細 

Knowledge Graph は、すべての情報の関連性を表現します。すべてのメタデータは識別子として、コンテンツ・タイプ間で共有され、信頼性の高いつながりを確認できます。

グラフ内の数多くのメタデータ項目は、恒久的で機械読み取り可能な永続識別子 (PermID) によって一意に参照されます。
 
Knowledge Graph BETA フィードの初回リリースには、以下のコンテンツ・セットと特定のメタデータの一括配信が含まれます。
 
  • 隠れた関連性: 戦略的な所有権関係の複雑なデータをナビゲートします。詳細な全体像を構築し、つながりを時系列上にマッピングします。
  • さまざまなビジネス要件に対するインサイトの適用: 投資アイデアの迅速な調査、事業開発のためのセールス情報の強化、重要な投資の変更監視、リスク管理に至るまで、Knowledge Graph の適用範囲は絶えず拡大しています。
  • データの拡充: 組織の大きなナレッジ・グラフの一部として当社コンテンツを組み込むことで、自社のデータを拡充できます。

Knowledge Graph フィード BETA の開始方法

Knowledge Graph BETA データは、ホスト型またはクラウド・ベースのインフラに API 経由で配信されます。完全な RDF コンテンツ・セットを、初期設定時に一括ダウンロードし取得できます。その後は、再開トークンを使用して最後のクエリ以降に更新された情報を増分ファイルとして入手できます。

screenshot bubble map of Knowledge Graph how it works

Knowledge Graph は、オブジェクト間の関係に基づいて、金融情報を整理します