1. ホーム
  2. 製品
  3. World-Check Risk Intelligence
  4. Customer Risk Screener
World-Check

顧客リスク・スクリーニング・ソリューション

Refinitiv World-Check Customer Risk Screener

顧客確認、マネーロンダリング対策などのスクリーニング規制への迅速かつ効率的な準拠を支援する Customer Risk Screener アプリでは、World-Check Risk Intelligence を活用し、セールスフォース内の顧客データと簡単で直感的な方法で連携させることができます。

Refinitiv World-Check Customer Risk Screener が選ばれる理由

World-Check Customer Risk Screener (ワールドチェック カスタマー・リスク・スクリーナー) は、 企業がセールスフォース内に保有する顧客およびサードパーティのデータを、リフィニティブ独自の World-Check Risk Intelligence と連携します。

これにより、顧客およびサードパーティに対するリスク・スクリーニング機能が既存のオンボーディングおよびモニタリングのワークフローに組み込まれ、チェック機能が自動化されます。

単一ユーザーにもチームでの利用にも対応。個人または法人のスクリーニングと詳細なモニタリングを通じ、より迅速かつ洗練された形で行い、規制要件の変更にも随時対応できます。

顧客やサードパーティのリスクに対するデューデリジェンスを World-Check Customer Risk Screener で簡素化、高速化するプロセスをご紹介します。
02:34

World-Check Customer Risk Screener を通じて顧客およびサードパーティのリスク・デューデリジェンスを簡素化、高速化するプロセスをご紹介します。(英語)

内容と特長

World-Check Customer Risk Screener のメリット

リスク・スクリーニングのプロセスを高速化

World-Check のデータを Salesforce と連携させることで、スクリーニングの対象となる大多数の法人をオンボーディングにするべきか、あるいはさらなるデューデリジェンスが必要かどうかをすばやく判断できます。

誤検出を減らす

World-Check One が提供する設定可能な名前のマッチング・アルゴリズムおよびフィルタリング・テクノロジーと、複数の二次識別子を組み合わせることで、誤検出を最小限に抑えます。

監査証跡機能

マッチング修正プロセスに関与した全ユーザーと管理者による操作を日付情報とともに記録し、完全な監査機能を提供します。

統合型ワークフロー

Salesforce 内の見込み案件や連絡先に対するデューデリジェンスを実施し、継続的にスクリーニングを行います。

データを活用する

デーのその他の活用方法

Data File

World-Check Risk Intelligence のデータを、顧客デューデリジェンス、顧客スクリーニング、決済スクリーニングを行う、サードパーティまたは独自のワークフロー・ソリューションに統合できます。

API

当社のデータ、マッチング機能、その他の高度な機能を既存のワークフローや社内システムに統合し、オンボーディング、顧客の本人確認 (KYC)、サードパーティ・リスク・デューデリジェンスのスクリーニング・プロセスを効率化できます。

Screening Deployed

ワークフロー・ソリューションの導入により、顧客デューデリジェンスの実施、マネーロンダリング、制裁、テロ資金供与のスクリーニング、重要な公的地位を有する者のモニタリングが可能になります。