1. ホーム
  2. アドバイザリー利用型の顧客体験を向上させる
empty image

ウェルス・マネジメントのデジタル化のアジェンダ

アドバイザリー利用型の顧客体験を向上させる

新型コロナ感染拡大がウェルス・マネジメント業界にも影響を及ぼす中、アドバイザリー利用型の顧客を対象に行った新たな調査では、データ、デジタル化、助言のニーズに関する重要なインサイトが明らかになりました。

ウェルス・アドバイザリーを利用している顧客は、重要な場面においてプラットフォームの恩恵を十分に受けていません。また、データやデジタル・サービスへのアクセスが欠如していることが、金融プロバイダーへのロイヤルティにどう影響するのかが注目されています。

市場のボラティリティと新型コロナウイルスによる不確実性の高まりにより投資家心理が悪化する中、ウェルス・マネジメント企業は顧客が市場の急激な動きに対応できるよう支援することが求められています。 

世界中の 400 名を超えるアドバイザリー利用型の顧客を対象とした最近の調査により、ウェルス・マネジメント企業が提供するインサイト、デジタル体験、価値に関する機会や期待が明らかになっています。 

本レポートでは以下の内容をご覧いただけます:

  • 新型コロナウイルス感染拡大とデジタル変革の加速は、顧客とアドバイザーの関係、投資助言のニーズにどのような影響を与えたのか
  • 投資家が不足と感じている重要なデータセットは何か。そしてチャンスはどこにあるのか
  • テクノロジーとデジタル・サービスによって顧客とアドバイザーの体験をどのように改善できるのか

主なインサイト

38%

プロバイダーのサービス体験を理由に乗り換えを検討しているミレニアル世代の顧客の割合

58%

ニュース分析は分析に大きな変革をもたらす可能性があると考えている人の割合

85%

リアルタイムのデータは投資分析の品質を向上させると回答した人の割合

続きを読む - レポートをお読みいただくには、こちらのフォームにご記入ください

効率的な情報提供や共有を支援する新しいデータ、ツール、デジタル・サービスをウェルス・アドバイザーに用意することは、顧客との信頼関係を築き、市場環境に関わらず継続的に価値を提供する上で不可欠です。