1. ホーム
  2. オンライン証券利用型の投資家体験を向上させる
empty image

デジタル・ウェルス・マネジメントの課題

オンライン証券利用型の投資家体験を向上させる

新型コロナ感染拡大がウェルス・マネジメント業界にも影響を及ぼす中、オンライン証券利用型の投資家を対象に行った新たな調査では、データ、デジタル機能、オンライン・プラットフォーム体験に関する重要なインサイトが明らかになりました。

オンライン証券利用型投資家の投資プラットフォームに対するロイヤルティは限定的で、プロバイダーの乗り換えを積極的に検討している投資家は少ないものの、デジタル・リーダー企業がサービスやデジタル体験で差別化を進めるにつれ、この状況は変化する可能性があります。

市場のボラティリティと新型コロナウイルスによる不確実性の高まりにより、ウェルス・マネジメント企業には、投資家が市場の急激な動きに対応できるよう支援することが求められています。 

世界各地の 600 社以上のオンライン証券利用型の投資家を対象とした最近の調査により、金融プロバイダーに求められるインサイト、デジタル体験、価値に関する期待や機会が明らかになりました。 

本レポートでは以下の内容をご覧いただけます:

  • 新型コロナウイルス感染拡大とそれがもたらした市場のボラティリティは、投資家の行動とプラットフォームに対するロイヤルティをどのように変えたのか
  • 詳細なコンテンツや分析に対する投資家の需要はどのように変化したのか。明らかになった重要なギャップとは何か
  • 投資家体験を向上させることができるデジタル・サービスとツールとは

主なインサイト

69%

各銘柄のファンダメンタル分析が投資アイデアの極めて重要な情報源であると回答した投資家の割合

87%

投資口座にノート PC からアクセスしている人の割合 (モバイル・アプリ経由は 40%)

39%

プロバイダーの乗り換えに積極的な人のうち、アクセスできる市場カバレッジが重要な選択基準と回答した人の割合

続きを読む - レポートをお読みいただくには、こちらのフォームにご記入ください

デジタル時代において期待が高まり続ける中、ウェルス・マネジメント企業は、強固な顧客関係を構築するために必要なデータ、ツール、オンライン体験をこれまで以上に確実に提供する必要があります。