Climate Risk Analytics

サステナビリティ動向と自動車産業 : トラック化と電動化

過去10年間に自動車産業がどのように変化したか、なぜそれが重要なのか、そして自動車メーカーが製品をより持続可能な産業に変革していく準備ができているのか、レポートでご覧ください。

持続可能な投資に関連する最大の問題は、気候変動リスクへの対策と脱炭素化経済の実現に向けた変革です。

リフィニティブはConstellation Research社との協力の下、重大な転換期にある自動車産業についてリサーチを行いました。 「トラック化」と「電動化」の間のダイナミクスに注目し、それらが業界の脱炭素化への取り組みに与える影響を考察します。

また、経済の脱炭素化プロセスにおけるリスクや企業における脱炭素化が順調に進まない背景にも焦点を当てています。

さらに、今後数年間の方向性を予測し、企業の二酸化炭素排出量、政策、目標といったリフィニティブの広範なデータを使用して、低炭素社会の実現に向け先行している企業、出遅れている企業を明確にします。

  • 28%
    2019年に販売された車両のうち中型・大型SUVが占める割合
  • 4.20%
    2019年に販売された中型・大型SUVのうち代替動力車が占める割合
  • 10
    10社 2030 年までの 2℃目標達成に向け移行している自動車メーカー (今回の調査対象27社中)
  • 8
    市場の変化に応じて代替動力車への転換を検討している自動車メーカー

続きを読む - レポート全体をお読みいただくには、こちらのフォームにご記入ください

投資家にとって、業界の脱炭素化の計画は、長期的な投資を大きく左右する重大な問題です。脱炭素化経済へ向けて転換する企業に投資することで、リスクを回避するとともに大きな機会獲得につながる可能性もあります。

Leon Saunders Calvert

Head of Sustainable Investing, Lipper and I&A Insights

主要コンテンツ

専門家による分析

Constellation Research社による

業界をリードするESGデータ

管理とビジネス実務の持続可能性分析に使用

気候変動リスク分析

複雑な分析内容を1つの業種で詳細に提供