急速に進化する投資環境

投資環境の中期見通し 
市場を動かす 4 つの主要トレンド 

変化する投資環境に対応したポートフォリオの位置づけ

世界経済は依然として底堅く、各国の中央銀行による金融引き締め政策が実を結び、インフレ率は目標水準に向かい始めています。しかし、これは株式や債券にどのような影響を及ぼすのでしょうか。

投資環境の中期見通しをまとめた本レポートでは、市場を覆っている課題や機会について解説ています。

主なポイント:

  • 60/40 ポートフォリオ: 2022 年の株式と債券の異常な相関を受け、60/40 ポートフォリオは現在も目的に適う戦略か?
  • バリュー投資とグロース投資: リスクを最小限に抑え、ハイリターンの銘柄を特定する点において、両戦略は同じくらい人気があるのか?
  • 2023 年の中国の役割: 正常化に向かう中国経済は今後も急成長を続けるのか、それとも鈍化するのか?
  • 債券の将来: 債券利回りがプラスに転じる中、欧州、米国、アジアの債券専門家は、不安定な市場を短期的・中期的にどのように乗り切るのか?

続きを読む - レポート全文をお読みいただくには、こちらのフォームにご記入ください