未来を見据えた機械学習モデル

データ・サイエンティストの台頭

金融サービスにおける機械学習技術が成熟し、データ・サイエンティストが戦略的役割を担うようになる中、この分野で優位に立つべく企業が投資を倍増させていることが、リフィニティブの新たな調査で明らかとなりました。

新型コロナウイルスは、データ駆動型戦略や AI・機械学習への投資の重要性を増幅させたにすぎません。

人材確保やテクノロジー、資金調達に関する以前からの課題が軽減される中、企業は機械学習を大規模に導入するための強固な基盤を構築していています。データ・サイエンスが規模と影響力の両面において存在感を強めていることが、こうした動きの主要因となっています。

しかし、データの品質とアクセス性の問題は依然、機械学習戦略を進める上での阻害要因となっています。質の高いデータとデータ・サイエンスの専門知識を活用し、自社モデルを迅速に展開できる企業だけが、競争優位を獲得することができます。

本レポートでは以下の内容をご覧いただけます:

  • 金融サービス分野における機械学習の最新動向と活用事例
  • 新型コロナウイルスが機械学習のモデルと投資に与えた影響
  • 機械学習の導入にあたっての主な障壁
  • 金融データ・サイエンティストの役割の変遷
  • 機械学習が掛け値なしの「本物」であることを証明する技術進歩
  • 72%
    機械学習を自社戦略の中核と見なしている金融サービス企業の割合
  • 40%
    新型コロナウイルスの影響により、機械学習への投資が拡大すると予想する企業の割合
  • 260%
    2018~2020年の企業内のデータ・サイエンス担当チームの増加率

続きを読む - レポート全文をお読みいただくには、こちらのフォームにご記入のダウンロードボタンを押してください