ウェルス・マネジメントのゴールド・スタンダード

アジア太平洋地域の投資家の体験を再定義する

アジア市場では、デジタル・エクスペリエンスに関する課題や投資家が求めるものが独特のものであることは明らかです。個人投資家が増加し、ウェルス・マネジメント業界の既存企業と新規参入企業の競争が激しさを増すなか、最新のテクノロジーの提供によってコストを引き下げ、接続性を高め、投資家の体験を向上させることが長期的な成功にとって重要となります。

アジア太平洋地域の投資家の体験を再定義する

この12か月間は、ウェルス・マネジメント企業にとって、アジア太平洋地域のオンライン証券利用型およびアドバイザリー利用型の顧客のニーズに応える上での戦略的な機会となりまし。この地域の投資家の間では、グロース戦略に加えて、バリュー戦略とモメンタム戦略への関心が高まっています。投資家の3分の1は、以前よりもプロバイダーからの投資助言を必要とする可能性が高いと回答しており、ほぼ半数はESG投資への関心を強めています。

こうした姿勢の変化と助言のニーズの高まりは、投資家とウェルス・マネジメント企業の関係がより密接になることを示唆するものです。しかし、リフィニティブの調査では、アジア太平洋地域全体の顧客のロイヤルティが他の地域より顕著に低いことも明らかになりました。投資家は、運用のあらゆる段階で多様なデジタル・チャネルを利用することに慣れており、新型コロナウイルスによってデジタル・サービスの価値が浮き彫りになるなかでデジタル・エクスペリエンスに不満を感じています。

本レポートでは以下の内容をご覧いただけます:

  • アジア太平洋地域の顧客は、投資口座にアクセスするために多様なデジタル・チャネルを利用
  • アジア太平洋地域の投資家はプロバイダーが提供する分析に依拠
  • アジア太平洋地域の顧客は重要な市場をカバーできていない割合が高い

続きを読む - レポートをお読みいただくには、こちらのフォームにご記入ください