1. ホーム
  2. 全速力で変革を進める

デジタル・ウェルス・マネジメント

全速力で変革を進める: デジタル・トランスフォーメーションを加速

デジタル・トランスフォーメーション、そして自社開発 (内製) か技術購入 (外製) かの決定は、どの金融機関でも直面する課題です。リフィニティブは、総所有コストの削減、デジタル戦略の迅速な市場導入、顧客体験の向上を実現する新たなハイブリッド戦略を考察します。 

今日のデジタル・インフラストラクチャでは、内製で得られる主導権と、外製で得られる低コスト、柔軟性、サポートを融合することが、金融機関にとって選択肢となり得ます。このアプローチを内製と外製の融合 (BBB: Buy/Build Blend) と呼びます。

ウェルス・マネジメント企業はデジタル・トランスフォーメーションの新たな段階に入っています。フィンテックが新たなサービスやアプローチをもたらしている一方、Apple や Amazon といったテクノロジー企業が従来とは異なる競合として参入し、顧客の期待というハードルをさらに高いものにしています。こうした動きは、金融サービスを提供する企業にデジタル・サービスの再考を迫っています。

新型コロナウイルスが金融機関の顧客との関わり方を一変させてしまったことで、この流れはさらに加速し、デジタル化への緊急性がかつてないほど高まっています。

グローバルな投資家やアドバイザーのニーズに迅速に対応できる企業が勝ち組となる一方で、デジタル開発で後れをとる企業は、顧客離れや売上の落ち込みに直面する可能性があります。外製と内製の融合 (BBB) は、デジタル開発期間を短縮し、社内リソースを自社ブランドを反映した顧客体験の構築に集中させることができるアプローチです。 

 本レポートでは以下の内容をご覧いただけます:

  • デジタルおよびデータ・テクノロジーのインフラストラクチャを「ビルディング・ブロック」 (構成要素) として組み合わせるアプローチを活用して、企業の変革を加速する方法
  • 実装とメンテナンスのシンプルなプロセス実現を通じて、差別化にリソースを集中できるようにする方法
  • 継続的なイノベーションを実現する堅牢なデジタル・インフラストラクチャを維持する方法
新型コロナウイルスが金融機関の顧客との関わり方を一変させてしまったことで、この流れはさらに加速し、デジタル化への緊急性がかつてないほど高まっています。
Charles Smith headshot on a blurred city background in a suit

続きを読む - レポート全文をお読みいただくには、こちらのフォームにご記入のダウンロードボタンを押してください