1. ホーム
  2. リスクおよびコンプライアンス
  3. 金融犯罪
  4. 金融犯罪防止のための連携

リスク・アドボカシー

犯罪防止のための統合と連携

野生動物の違法取引や現代の奴隷制などの金融犯罪撲滅のための各国政府、企業、NGO との連携についてご紹介します。 

共に金融犯罪と戦う

リフィニティブは、環境犯罪や金融犯罪に関与する犯罪組織のネットワークに対抗する最も効果的な手段として、さまざまな組織との連携を通じてナレッジベースを拡大し、有益なインサイトを収集しています。

The Sentry logo
United for wildlife logo
Freedom Seal
Global coalition to fight financial crime logo

The Sentry との新たなパートナーシップ

リフィニティブは、調査および政策提言を行う団体である The Sentry と提携しました。同団体はアフリカにおける戦争犯罪者とそのビジネス・ネットワークを国際金融システムから排除することを目指しています。

center
30:00

   

このパートナーシップにより、アフリカにおける不法行為およびそれを行う人物に関する入手困難な情報が The Sentry から Refinitiv World-Check に提供されます。The Sentry が提供する関連データにより World-Check は、企業のマネーロンダリングやテロ資金供与に関する規制遵守をさらに強力に支援できるようになります。The Sentry とリフィニティブは、データ提供だけではなく、共同イベントやウェビナー、ホワイトペーパーなどの教育啓発コンテンツの発信でも協力していきます。

提携およびパートナーシップについての詳細

Global Coalition to Fight Financial Crime

Global Coalition to Fight Financial Crime は、グローバル規模での金融犯罪対策の強化を目的とした官民連携の団体です。リフィニティブ、欧州刑事警察機構、世界経済フォーラムにより 2018 年に設立された同団体は、金融犯罪対策におけるさまざまなキープレーヤーの協力を促進しています。また、金融犯罪の抑止という包括的な目標を達成すべく、現行システムの主な不備の特定、具体的な改革案の提言、そして国際的なマネーロンダリング防止策の枠組みの実効性を高めることに取り組んでいます。 

United for Wildlife

リフィニティブが提携している United for Wildlife は、環境保護団体、各国政府、グローバル企業から成るコンソーシアムで、野生動物の違法取引ネットワークの撲滅を目指しています。The Duke of Cambridge および The Royal Foundation が中心となって運営している United for Wildlife は、野生動物を密猟者から守り、官民セクターと協力して違法取引を阻止し、野生動物に対する需要を減らす革新的な取り組みを行っています。  

リフィニティブと United for Wildlife とのパートナーシップは、野生動物犯罪と環境犯罪に関する両組織の最新データを活用することで、それぞれの顧客やメンバーに貢献しています。リフィニティブは World-Check Risk Intelligence のデータを提供することによって、United for Wildlife タスクフォースのメンバーを支援しています。データは、450 名のリサーチ・アナリストから成る強力なチームにより検証されており、野生動物犯罪やその他の環境犯罪に関与している個人や組織を重点的に追跡しています。

「私たちはこのパートナーシップの下、情報共有と連携の方法を改善することにより、環境犯罪と戦っています。リフィニティブのデータ、配信機能、グローバルなネットワークを、United for Wildlife とそのメンバーが提供する野生動物違法取引に関する専門知識を組み合わせています。」リフィニティブ CEO, Group Head, Data & Analytics

Freedom Seal

リフィニティブと Freedom Seal は、現代の奴隷制を世界中の企業サプライチェーンから撲滅することを目指して、人身売買に関するデータと認定プロセスを組み合わせる革新的なパートナーシップを結びました。

CEO の Rani Hong 氏が創設した Freedom Seal は、現代の奴隷制の廃絶に尽力している企業に対してグローバルな認定を行っています。リフィニティブとのパートナーシップ成立後は、Freedom Seal の認定を受ける際に、人身売買などの犯罪に関するリフィニティブの Risk Intelligence データに照合し、サプライヤーやベンダーをスクリーニングするプロセスが必要になります。このパートナーシップによって、Freedom Seal はリフィニティブのデータをその独立した認定プロセスの中で活用し、組織または個人が現代の奴隷犯罪に関与しているかどうかを特定できます。

The Sentry

リフィニティブの The Sentry との提携により、オープンソース・データが World-Check に提供され、国際金融システムを悪用するアフリカの戦争犯罪者に関するデータが強化されます。

George Clooney 氏と John Prendergast 氏が共同で創設した The Sentry は、Clooney Foundation for Justice の戦略的パートナーです。The Sentry はオープンソース・データの収集、実地調査、最新のネットワーク・データ分析テクノロジーを活用しています。また、地域および国際的な市民社会団体、ジャーナリスト、各国政府と連携して、武力紛争と残虐行為に対する資金提供や支援、収益化の実態を追跡・分析しています。