1. ホーム
  2. リスクおよびコンプライアンス
  3. 金融犯罪
  4. 制裁スクリーニング

金融犯罪

制裁スクリーニング

高品質で有用なリスク・インテリジェンス制裁スクリーニング・データへのアクセスが、規制上の義務を迅速かつ効率的に遵守するための助けとなります。

制裁とは、資産凍結や金融封鎖、投資や渡航の禁止、金融制裁、武器の禁輸や貿易の禁止などの制限措置です。

制裁の種類はさまざまです。例えば、対象者の名を挙げる明示的な制裁のほか、個人名や企業名を明示しないものの主要な制裁対象企業との関係を理由に制裁プログラムのナラティブ・ステートメントの対象となる者に適用されるナラティブまたは黙示的制裁、そして部門別制裁などがあります。制裁は、国、団体、個人、組織、船舶などに適用されます。

リフィニティブは、制裁を最優先事項として細心の注意を払っており、主要な制裁リスト (OFAC、EU、UN) を24時間体制でモニタリングし、注意を払っています。五大陸にまたがる 240 の国や地域に 470 名以上のリサーチ担当者を擁し、その 90% 以上が 2 か国語以上を話します。現在、World-Check の制裁スクリーニングでは 300 以上の制裁プログラムがカバーされており、アクティブな制裁レコードの数は 57,000 以上に上ります。

10,000 以上のグローバルな情報源のリスト、800 以上の制裁、規制、法執行機関のリスト、5,900 以上の公式サイト / 政府のウェブサイトをモニタリングしており、毎月 50,000 件以上の新たなレコードが追加されています。

制裁スクリーニングとは

制裁コンプライアンスの遵守は常に状況が変化するだけでなく、従うべき制裁措置のリストに限りがないため、企業にとっては難しい課題となっています。それにもかかわらず企業は、制裁対象者との取引は回避しなければなりません。

制裁リスクのスクリーニングは、あらゆる分野の規制対象事業者にとって必須要件であり、顧客確認 (KYC) プロセスに欠かせないステップです。さらに、制裁違反には厳しい罰則が科される可能性があります。2021 年に米国財務省外国資産管理局が科した罰金は総額 2 千万ドル以上に上り、20 件中 10 件の罰金は企業に科されています。2020 年に課された罰金は 2,300 万ドルに上り、金融機関を対象としたものは 2 件のみでした。

堅牢な制裁スクリーニング・プログラムの確実な導入は組織にとって必要不可欠です。そのためには、包括的で正確な制裁リスク・データへのアクセスが極めて重要です。 

リフィニティブのソリューション

厳格な制裁規制の遵守をサポート 

リフィニティブの各種ソリューションは、変化する制裁環境下でコンプライアンスを維持するのに役立ちます。リフィニティブのモニタリング機能を利用することで、正確な制裁データへアクセスし、詳細なインサイトやバックグラウンド調査のレポートを閲覧し、制裁の変更に関する最新情報を常に把握することができます。

ご利用のメリット

リフィニティブが世界中で信頼される理由

制裁コンプライアンスに関してリフィニティブを利用するメリットをご確認ください。

信頼性の高いインテリジェンス

調査手法と収録基準は非常に厳格なガイドラインに従い、堅牢な品質管理を適用しています。

最新情報

五大陸すべてに調査センターを置き、制裁リスト、規制および法執行のリストに加え、何千もの信頼できるメディア・ソースを 24 時間体制でモニタリングして、正確な最新情報をお届けします。

対象を絞ったスクリーニング

データは何百という特定キーワードによるフィルタリングとドリルダウンが可能で、対象を絞り込んだスクリーニングにより、誤検出を減らします。

オンデマンド・ウェビナー

2022 年のグローバルな制裁環境を乗り切る (英語)

制裁は今後も地政学的状況やグローバルなビジネスの動向に大きな影響を及ぼします。複雑でダイナミックな制裁環境が絶えず変化する中、金融サービス企業がコンプライアンスを維持するためには、効果的な制裁スクリーニング・プログラムが必要となります。

オンデマンドで視聴する
young man working from home using smart phone and notebook computer
リフィニティブのスペシャリストとつながる

リフィニティブのスペシャリストが、お客様固有のニーズに合わせて、制裁スクリーニング・ソリューションをカスタマイズ。