1. ホーム
  2. リフィニティブ・ジャパン ブログ記事一覧
  3. リフィニティブのターム物 SONIA ベンチマークを利用する 4 つのメリット

2021年3月30日

リフィニティブのターム物 SONIA ベンチマークを利用する 4 つのメリット

本稿は、2021年1月11日投稿された英文ブログの翻訳です。

Jacob Rank-Broadley

Head of LIBOR Transition, B&I

Jacob Rank-Broadley

英ポンド LIBOR が 2021 年末で廃止される予定(英語)となっていることから、多くの市場参加者の間ではその代替として SONIA (ポンド翌日物平均金利) が注目されています。LIBOR からの移行で、フォワード・ルッキングのターム構造を有するリフィニティブのターム物 SONIA ベンチマークを利用するメリットは何でしょうか?

今年の年末に英ポンド LIBOR の廃止が予定されています。つまり、市場参加者は代替金利を探さなければならないということです。多くの金融商品や金融契約にとって、代替金利として望ましいのは SONIA でしょう。しかし、SONIA というベンチマークはオーバーナイト物のリスク・フリー・レートという性質上、一部の市場においてはユーザーの運用要件を満たすことができません。ローン、取引、運転資本、輸出金融/新興国市場およびイスラム金融市場における多くの市場参加者にとっては、リフィニティブのターム物 SONIA のようなフォワード・ルッキングなターム構造を有するリファレンス・レートが必要となるかもしれません。(英語)

今年の年末に英ポンド LIBOR の恒久的な公表停止が予定されているため、市場参加者は代替金利指標を探す必要に迫られています。多くの金融商品、金融契約にとって、今後の代替金利として望ましいのは SONIA (ポンド翌日物平均金利) だと考えられますが、SONIA というベンチマークはオーバーナイト物のリスク・フリー・レートという性質上、一部の市場ではユーザーの運用要件を満たすことができません。

ローン、取引、運転資本、輸出金融/新興国市場、イスラム金融市場における多くの市場参加者は、フォワード・ルッキングなターム構造を有するリファレンス・レートを求める可能性があります。リフィニティブのターム物 SONIA は、ベンチマークの管理で培った幅広い経験を活かした英ポンドのフォワード・ルッキングなターム物リスク・フリー・レートであり、毎日ロンドン時間の午前 11 時 50 分に公表されます。テナーは 1 か月、3 か月、6 か月、12 か月となっています。

リフィニティブのターム物 SONIA のプロトタイプは、フォワード・ルッキングなリスク・フリー・レートです。テナーは 1 か月、3 か月、6 か月、12 か月で、英ポンド建てとなっています。(英語)

※(英語) = 関連英文サイト

1. リフィニティブのターム物 SONIA は市場で幅広く試されている

リフィニティブのターム物 SONIA は、2020 年 7 月にプロトタイプとして初めて公表され、それ以降、Eikon 端末から 2 万回を超えるアクセスがありました。プロトタイプ・フェーズにおいては、ユーザーはこのレートを金融商品や金融契約のベンチマークとして直ちに利用することは認められていませんでしたが、レートを検証し、その動きを理解するには最高の機会となりました。例えば、ユーザーは信用リスクの欠如がレートにおよぼす影響について、LIBOR の場合と比較して検討することができました。また多くのユーザーが、新しいデータを扱うためのシステムのアップグレード方法について、この期間を使って取り組んだのです。コンサルテーションも含め、この大規模な試みと市場のエンゲージメントがなければ、リフィニティブは業界要件に沿ったレートを提供することはできませんでした。リフィニティブの強みと、レートをより良いものにするための機会、この両方があってこその結果となりました。
ある程度の機能強化は行いましたが、これはプロトタイプの期間を通してレートの基本的な動きが変化しないようにし、ユーザーが一貫した時系列データを得られるようにするためです。

2. 堅牢かつ正確

ターム物 SONIA ベンチマークにおいて何よりも重要なのは、その正確性と堅牢性です。これを実現するため、リフィニティブは正確で一貫性のあるデータの取得に注力してきました。中心的なインプット・ソースは、主要なインターディーラー・ブローカー市場における中央清算機関を通したスポット・スタートの OIS です。これで市場レートを正確に捉えることができますが、バックアップを用意しておくことも忘れてはなりません。リフィニティブは、機関投資家との取引データも取得することでバックアップにも万全を期しています。もし使用している機関投資家との取引データに影響する流動性が低下した場合、こうしたテクニカルな変動がレートの動きにつながらないようにすることが重要です。このようなリスクへの対策として、リフィニティブは両方のデータ・ソースから得られた情報を常に比較しています。
図 1 は、ディーラー間市場のデータと機関投資家との取引データを使用したターム物 SONIA を比較したものです。ご覧のとおり、2 つのレートは平均差異が 0.01~0.02 bp とほぼ同じになっています。

図 1: ディーラー間市場のデータおよび機関投資家との取引データを使用したターム物 SONIA の比較

英ポンド SONIA OIS 電子取引で流動性が完全に枯渇することは考えにくいものの、万が一そうなった場合でも、リフィニティブは一体的なフォールバックを導入することでレートを公表することが可能です。つまり、前決め複利 SONIA の変動幅を前日の公表レートに当てはめます。プロトタイプ・フェーズの公表レートでは、一体的フォールバックは使用されませんでした。

3. 容易なアクセス

リフィニティブのターム物 SONIA ベンチマークにはさまざまな方法でアクセスすることができます。デスクトップでレートを利用する場合は、1 か月、3 か月、6 か月、12 か月のテナーそれぞれの識別子として GBPTRR1M=RFTB、GBPTRR3M=RFTB、GBPTRR6M=RFTB、GBPTRR1Y=RFTB を使用することで、Eikon や Workspace からアクセスすることができます。リアルタイム・フィードおよび非リアルタイム・フィードでのアクセスにおいても同じ ID を使用でき、またリフィニティブ製品がない場合はリフィニティブのウェブサイトからもアクセスが可能です。現在、パートナー企業の幅広いネットワークを活用し、人気の高いアプリケーションやシステムでも配信するための取り組みを行っています。

4. 本格始動でいつでも利用可能

2021 年 1 月 11 日、リフィニティブの完全子会社である Refinitiv Benchmark Services (UK) Limited (RBSL) がリフィニティブのターム物 SONIA の管理を開始しました。同社は英国および EU のベンチマーク規制に準拠しています。この日以降、ライセンスを取得したクライアントは金融商品や金融契約のほか、バリュエーションやプライシングに、このベンチマークをリファレンス・レートとして利用することができます。リフィニティブのターム物 SONIA のプロトタイプは、フォワード・ルッキングなリスク・フリー・レートです。テナーは 1 か月、3 か月、6 か月、12 か月で、英ポンド建てとなっています。

関連レポート

LIBOR 移行と IBOR 改革への取り組み

本レポートは、LIBOR などの銀行間取引金利 (IBOR) に関する問題点や課題を理解するための指針を示すものです。さまざまな課題やリスク、代替データやリファレンス・レートの構築について目を向けさせ、LIBOR の公表停止が予定されている 2021 年末を見据え、移行準備に着手するためのものです。

注)本稿は、2021年1月11日投稿された英文ブログの翻訳です。内容に相違がある場合にはリフィニティブのグローバルサイトに掲載されている原文が優先します。

合わせてよく読まれている記事

免責事項:© Refinitiv 2021
本文および本文の内容(以下、「本内容」)は、あくまでも一般的な情報提供を目的としたもので、筆者の本主題に係る過去の経験に基づくものであります。記載された内容はRefinitivの見解を反映するものではありません。なお、無断での複製、転送等を行わないようにお願いします。

本内容は、如何なる法域又は領域においても、投資助言(及びその他の如何なる助言)を提供するものではなく、また金融商品の売買の申し込み又はその勧誘とみなされるべきではありません。記載された意見や予測等は作成時点のものであり、Refinitivは、本内容に含まれる情報の正確性、最新性、適切性及び完全性、また本内容の利用結果について如何なる保証も行わず、本内容に起因して生じた損失や損害について一切責任を負いません。Refinitivは予告なくいつでも本内容を変更、削除する権利を留保します。