1. ホーム
  2. メディアセンター
  3. プレスリリース
  4. 「リッパー・ファンド・アワード・フロム・リフィニティブ」 2019年度の最優秀会社と最優秀ファンドを発表
Refinitiv blue

2019年3月20日

「リッパー・ファンド・アワード・フロム・リフィニティブ」 2019年度の最優秀会社と最優秀ファンドを発表

リフィニティブ・ジャパン株式会社(東京都港区、代表取締役社長:富田秀夫)は本日、「リッパー・ファンド・アワード・フロム・リフィニティブ2019ジャパン」の最優秀会社と最優秀ファンドを発表します。本アワードの日本での表彰は今年で18年目となります。リフィニティブへと生まれ変わった後も引き続き投信市場に関わる皆様および幅広い投資家の皆様への定量分析に基づいた有益な情報の提供に努めて参ります。

当アワードは投資信託部門と確定拠出年金部門から成っており、最優秀会社はそれぞれの総合部門、株式部門、証券部門、ミックスアセット部門において表彰いたします。投資信託部門ではJPモルガン・アセット・マネジメント株式会社が総合部門の最優秀会社となったほか、確定拠出年金部門では野村アセットマネジメント株式会社が総合部門のほか、株式とミックスアセットの2部門でも最優秀会社に選ばれました。このほか、評価対象ファンドから投資信託部門と確定拠出年金部門の最優秀ファンドも表彰いたします。投資信託部門の詳細についてはこちら、確定拠出年金部門につきましてはこちらをご覧ください。

 

リッパー・ファンド・アワード・フロム・リフィニティブについて

  • 「リッパー・ファンド・アワード・フロム・リフィニティブ2019ジャパン」は、リフィニティブが世界各都市で開催している「Lipper Fund Awards from Refinitiv 2019」の一環として行われ、日本において販売登録されている国内および外国籍ファンドを対象に、優れたファンドとその運用会社を選定し、表彰するものです。選定・評価に際しては、リッパー独自の投資信託評価システム「Lipper Leader Rating(リッパー・リーダー・レーティング)」で採用している「コンシスタント・リターン(収益一貫性)」を用いています。評価方法の詳細については、http://lipperalpha.refinitiv.com/lipper/our-methodology/ をご参照ください。

評価方法について
(『確定拠出年金』部門の評価方法も同一基準を採用)

  • 評価対象ファンドは、日本において販売されている投資信託のうち、2018年末時点で36カ月以上の運用実績、ならびに2019年4月1日以降に償還を迎えるファンドとします。
  • リッパー・グローバル分類を用い、代表的なシェアクラスのファンドを基準に、10本以上(「確定拠出年金部門」は5本以上)のファンドが存在する分類を評価対象とします。(ただし、それ以外の分類、機関投資家向けファンドやその他の非リテール・ファンド、プライベート・ファンド、クローズド・エンド型ファンド、ETF(上場投資信託)、インシュアランスファンド、指数連動型ファンドを除く)
  • 資産クラス別では、不動産型を除く、株式型、債券型、ミックスアセット型、コモディティ型、オルタナティブ型、絶対収益型ファンド型の、各資産クラスを投資対象とするファンドを評価対象とします。
  • 確定拠出年金部門の対象ファンドは、確定拠出年金専用ファンドとします。

① 最優秀ファンド評価方法

  • 本アワードの対象となる算出における通貨は、月次データにおいて使用する国の通貨に基づき、分類別の平均スコアは、分類ごとに評価対象となるすべてのシェアクラスから算出します。
  • 評価期間は3年、5年、および 10年とし、リッパー独自の投資信託評価システム「リッパー・リーダー・レーティング」で採用している「コンシスタント・リターン」に基づき、各分類・各期間の最優秀ファンドを選定します。

② 最優秀会社評価方法

  • 株式部門、債券部門、ミックスアセット部門と総合部門にて、最優秀会社をそれぞれ選定します。
  • 株式部門、債券部門においては5本以上、ミックスアセット部門においては3本以上の該当部門のファンドを有する運用会社を評価対象とします。
  • 総合部門については、株式部門、債券部門においてそれぞれ5本以上、ミックスアセット部門において3本以上のファンドを有する運用会社を評価対象とします。
  • 株式、債券、ミックスアセットの各部門の評価では、評価期間を3年として、対象運用会社の該当ファンドすべてについて、上記の「コンシスタント・リターン」に基づき、運用会社ごとの該当ファンド平均値にてランク付けし、資産クラス別/総合部門の最優秀会社を選定します。
  • ファンド平均値が同じ場合には、パーセンタイル・ランク平均が低い運用会社に授与します。

 

リッパー・リーダー・レーティングについて

リッパー独自のファンド分類を用い、4つの評価基準(「トータル・リターン(総合収益性)」) / 「コンシスタント・ リターン(収益一貫性)」 / 「元本保全性」 / 「経費率」) ごとにファンドを評価します。評価表示方法は、全対象ファンドを上位から20%ごとに区切り、最上位20%にランクインしたファンドを最上位の「Lipper Leader(リッパー・リーダー)」とし、以下20%ごとに5段階評価で表示します。3年、5年、10年の各評価期間の評価とし、さらに全期間の平均評価として「総合(Overall)」の評価も表示します。現在「リッパー・リーダー・レーティング・システム」は、世界86の国・地域において販売されているファンドの評価を付与しています。

 

ディスクレーマー

「リッパー・ファンド・アワード」の受賞結果ならびに「リッパー・ リーダー ・レーティング・ システム」におけるファンドのレーティングを引用される際には、必ず以下のディスクレーマーをご明記いただくようお願いいたします。
リッパー・ファンド・アワードの評価の基となるリッパー・リーダー・レーティングのファンドに関する情報は、投資信託の売買を推奨するものではありません。これが分析しているのは過去のファンドのパフォーマンスであり、これが将来の結果を保証するものではないことにご留意ください。評価結果は、リッパーが信頼できると判断した出所からのデータおよび情報に基づいていますが、その正確性、完全性等について保証するものではありません。

 

リッパーについて

リッパーは、総合投資情報、投資信託、退職年金基金、ヘッジファンド、および手数料とコストに関する独立した洞察を、資産管理会社、ファイナンシャル・アドバイザーと機関投資家の皆様に提供しています。高品質なデータ、投資評価情報、分析ツール、およびコメンタリーを有し、投資信託市場参加者の皆様から、40年以上にわたる信用を受け、リッパーは他に類のない専門知識と洞察を投資信託業界に提供しています。

リフィニティブについて

Refinitiv(リフィニティブ)は世界有数の金融データ・プロバイダーで、約190カ国で4万社を超える企業・機関にサービスを提供しています。先導的なデータと洞察、トレーディング・プラットフォーム、市場データ・インフラストラクチャー、オープン・テクノロジー・プラットフォームを通じて、世界の金融市場コミュニティを相互に接続し、発展を支えます。それによりトレーディング、投資、ウェルス・マネジメント、規制およびマーケットデータ管理、企業が抱えるリスク、金融犯罪追跡などの分野において進化をもたらす先駆者としての役割を果たしていく所存です。詳しくはウェブサイトをご参照下さい。https://www.refinitiv.com/ja

本件に関する連絡先

藤森 英明
広報担当
電話番号: (03) 6441-1504
h.fujimori@refinitiv.com